公益社団法人 日本心理学会

詳細検索

心理学ワールド 絞込み


号 ~

MENU

刊行物

組織概要

1.基本理念

科学者-実践家モデルに基づく公認心理師育成をめざし,養成の質向上に向けてカリキュラム等の検討を進める。併せて,各養成大学・大学院が抱える問題を共有し,相互の連携を図ることを会の基本理念とする。

2.活動目的

  1. (1)公認心理師養成大学における教育の質の向上のために,各養成大学が抱える諸問題を会員間で共有し,会員相互の連携をもって問題の解決を図る。
  2. (2)公認心理師の質保証および質の向上のために,学部および大学院におけるカリキュラム構成,各科目の標準シラパス,現場実習マニュアル等について,現状の問題点と改善すべき方向性を検討し,5年後の公認心理師制度の改定ならびにその後の制度運用にむけた具体策について,政策提言を行う。
  3. (3)公認心理師法第二条にある「心理学に関する専門的知識及び技術をもって,次に掲げる行為を行うことを業とする者をいう。」というところの心理学に関する専門的知識及び技術に関する定義を明確にし,それが国家試験(各領域の出題割合や出題方法)に反映されるように政策提言を行う。
  4. (4)公認心理師制度の根幹をなす心理学の学術的発展と,公認心理師の質保証に資する高等教育機関としての大学の在り方を検討する。具体的には,公認心理師制度の枠を超えて,次世代の指導者養成(大学教員や実習指導者)としての博士後期諜程の在り方ついて検討する。
  5. (5)公認心理師養成における地域格差や大学格差を是正するために,大学関連携(コンソーシアム,単位互換制度など)を推進するとともに,実習施設の共有化や資格取得者のキャリアディベロップメント支援のための全国規模でのネットワークを構築する。

3.組織運営

公益社団法人日本心理学会に資格制度調整委員会を設置し,その委員会の公益社会活動として,公認心理師養成大学教員ならびに関連諸学会・団体が加盟できる協議会を運営する。

4.組織構成

執行決定機関として運営会議を設置し,公益社団法人日本心理学会の資格制度調整委員会の委員および協議会のワーキンググループ(WG)のリーダ一等を構成員として,協議会の運営方針を協議・決定する。

また,協議会の基本理念・目的を達成するために,以下のWGを設置し,各課題の解決のための具体策を検討し,提言をまとめる。年次総会を開催し,WGの活動報告を行うとともに,会員からの意見聴取,会員相互の交流,今後の課題等についての議論の場とする。

  • 学部カリキュラム検討 WG
  • 大学院カリキュラム検討 WG
  • 現場実習検討 WG
  • 国家試験検討 WG
  • 将来構想 WG

さらに,日本学術会議 健康医療と心理学分科会,心理学教育プログラム検討分科会ならびに,関連諸学会に対し加盟団体としての参画を依頼し,公認心理師制度に関する諸課題の解決に向けた情報交換や学術的支援,並びに人材交流などを推進するための連携会議を設置する。

協議会組織図

5.会員

個人会員および組織会員を基本とする。なお,組織会員は,公認心理師養成に係る包括ユニットに限定せず大学学科,専攻あるいは学問分野(グループ)等の単位でも会員登録することができる。

 

6.事務局

公益社団法人日本心理学会事務局内に設置する。

住所:
〒113-0033 東京都文京区本郷5-23-13 田村ビル2F
公益社団法人日本心理学会内
TEL:
03-3814-3953
FAX:
03-3814-3954
E-mail:
jpa@psych.or.jp(日本心理学会内)
 

※公益社団法人日本心理学会が本協議会を所管する理由

日本心理学会の会員構成は広く基礎心理学と臨床心理学のすべての分野にわたり,心理学教育を担う大学教員が多く加入しております。また,日本心理学会は公益社団法人であり,その活動は公益性が求められています。これまで日本心理学会は認定心理士資格事業を行っており,大学での心理学履修を認定し,その単位認定基準を明確化し,教科書を作成するなど,公認心理師制度の在り方を検討するために必要な組織基盤を整えてきました。さらに,諸外国においても心理学の基幹学会(米国はAPA,英国はBPS)が資格制度の在り方を監修している点から見ても日本心理学会がその役割を担うことは自然な方向性と考えています。

このような観点から,日本心理学会は公益法人の役割として,本協議会に対して財政的な支援を行い,公認心理師制度充実とその根拠となる心理学研究の発展に寄与していくことは大変重要でかつ意義深いことであると考えています。

なお,本協議会は日本心理学会資格制度調整委員会の管轄ではありますが,日本心理学会の会員のみならず,以下の方々に開かれた組織であることを申し添えます。

 

個人会員

大学・大学院等で公認心理師養成に携わっている教員の方,ならびに心理関連領域において教育・研究・臨床実践に携わっている大学教員および専門職の方。

 

組織会員

大学の学部・学科等,組織単位で登録する会員。公認心理師養成に係る包括ユニットに限定せず大学学科,専攻あるいは学問分野(グループ)等の単位でも登録可能。

 

加盟団体

趣旨にご賛同いただいた学術団体等。
加盟団体の位置づけに関しては,加盟団体一覧をご参照ください。