公益社団法人 日本心理学会

詳細検索

心理学ワールド 絞込み


号 ~

執筆・投稿の手びき 絞込み

MENU

刊行物

 

第2章 論文投稿から掲載まで

第2章 論文投稿から掲載まで

公益社団法人日本心理学会が刊行する学術誌は「心理学研究」と“Japanese Psychological Research” の2種類である。これらの学術誌の編集は,機関誌等編集委員会(以下「編集委員会」とする)の責任のもとに行われる。この章では,論文の投稿から掲載(刊行)に至るまでの過程を説明する(次ページの「投稿から掲載の流れ」も参照のこと)

2.1 投稿資格

公益社団法人日本心理学会の学術誌は,原則として本学会会員の心理学に関する未公刊の論文の発表にあてる。ただし,会員に準ずる非会員からの投稿論文でも,本学会に寄与するものは掲載が認められる。その場合,掲載料は著者の負担とする。

論文の掲載を希望する者は,所定の体裁を整えた論文(原稿)を作成,電子投稿システムから投稿し,編集委員会の査読を受けるものとする。

2.2 二重投稿,剽窃の禁止

2.2.1 二重投稿

両学術誌に掲載される論文は,すべて未発表のものであることが要求され,本学会では二重投稿を認めない立場をとっている(詳細は学会ホームページの,「二重投稿」に対する公益社団法人日本心理学会の方針を参照のことhttps://psych.or.jp/publication/duplicatepublication/)。

二重投稿とは,同一の(または極めて類似した)内容の学術的著作物が同一の著者および連名者によって,複数回にわたり投稿されることを指し,代表的な例として,「ほぼ同一の内容の論文を複数の刊行物へ同時に投稿した場合」,「ほぼ同一の内容もしくは本来は一つであるべき内容を小さく分割して継時的に投稿した場合(いわゆるサラミ出版)」がある。

このような二重投稿が明らかになった場合は,当該論文は即時に却下される。二重投稿にあたるかどうかは編集委員会が判断する。

2.2.2 剽窃

研究業績や実験,データ,理論,仮説,アイディアなどを引用もしくは利用する場合には,そのことを本文で言及し,それらが記載されている論文や資料等の出典を明示する。出典を明示せずに引用・利用する行為は盗用(剽窃)とみなされる。

また著者自身の過去の業績を,新しい業績であるかのように発表する自己剽窃にも,注意が必要である。

投稿から掲載の流れ
投稿から掲載の流れ

2.3 投稿方法

両学術誌への投稿は,電子投稿システムにより行う。以下のURLより電子投稿システムにログインする(詳細は,著者マニュアル(「心理学研究」用)を参照のことhttps://jpa.bunken.org/jpa/files/author_manual_jp.pdf)。

https://jpa.bunken.org/jpa/user_logins/jp/(「心理学研究」用)

https://jpa.iap-jp.org/jpr/("Japanese Psychological Research" 用)

初めて投稿する著者は,ログインする前に新規アカウント発行(ユーザー登録)手続きを行う(見本2.1)。日本語での入力が可能な場合は,日本語版から行う。またすでに登録済みと表示される場合は,事務局編集部に問い合わせる。

なお,"Japanese Psychological Research" は,2018年10月より新電子投稿システムで査読を行うため,各見本とは画面表示等が異なる。

見本2.1 電子投稿システム 新規アカウント発行画面
見本2.1 電子投稿システム 新規アカウント発行画面

2.4 論文情報(入力順)(見本2.2

(1)投稿誌と論文の種類

「心理学研究」では「原著論文(Original Article)」,「研究資料(Methodological Advancement)」,「研究報告(Research Report)」,「展望論文(Review Article)」,“Japanese Psychological Research” では “Original Article”,“Brief Report”,“Review”のいずれかを選択する。

各論文種類の定義については,3.1.14.1.1を参照のこと。

(2)査読希望分野
知覚,認知,学習,感情,生理,発達,教育,臨床,人格,犯罪,社会,産業,文化,方法,原理,歴史,一般の中から,査読希望分野を3つまで選択できる。
(3)表題
「心理学研究」では,表題(全角30文字程度)ならびにその英訳。“Japanese Psychological Research”では,英語の表題(12─15語程度)。
(4)欄外略題(Running Head)
「心理学研究」の場合は,日本語で著者の姓を含め25文字(全角)以内,“Japanese Psychological Research”の場合は,略題のみでスペースを含めて50文字(半角)以内。
(5)英文アブストラクト
論文の概要を100─175語以内にまとめる。「心理学研究」の場合は,日本語訳も入力する。
(6)英文キーワード
その論文を特徴づける英語のキーワード3─5項目以内。「心理学研究」の場合は,日本語訳も入力する。
(7)英文連絡先(Correspondence Address)
掲載後の英文連絡先。共著の場合は,その論文に関して責任をもって対応できる者の連絡先。
(8)「表題ページ」の脚注
謝辞,研究発表,助成,所属機関変更,改姓(名)など著者情報を含む脚注。
(9)「本文中」の脚注
補足説明のための「本文中」の脚注は必要最小限とし,「表題ページ」の脚注から続く,通し番号を付ける。
(10)編集委員会への連絡
 
(11)著者名
「心理学研究」の場合は日本語とローマ字(英語,原語)。“Japanese Psychological Research” の場合はローマ字(英語,原語)。連名の場合は,電子投稿システムの「+(プラス)」ボタンを選択して枠を追加し,各々について入力する。
(12)メールアドレス
 
(13)所属機関名
「心理学研究」の場合は日本語と英語表記。“Japanese Psychological Research”の場合は英語表記。
(14)倫理チェックリスト
倫理チェックリストのすべての質問に答える。「倫理チェックリスト」は,「執筆・投稿の手びき」の巻末にも掲載されている(付録5)。
見本2.2 電子投稿システム 論文情報,著者情報入力画面
見本2.2 電子投稿システム 論文情報,著者情報入力画面

2.5 投稿原稿のアップロード(提出)

投稿論文の原稿(投稿原稿)は,この「執筆・投稿の手びき」に準拠したPDFファイルに限られる。A4判の白紙を縦置き,一般的フォントを使用し,文字の大きさは10.5ポイント以上,余白(上下,左右3cm以上)と行間を十分にとる。

  1. (1)「心理学研究」では,1ページあたりの文字数を800字(25文字×32行)とする(見本2.3)。
  2. (2)“Japanese Psychological Research”では,1ページに入る行数はフォント,サイズにより異なるが,ダブルスペースとし,20─23行を目安とする(見本2.4)。
  3. (3)投稿原稿はPDFファイルに変換して,電子投稿システムにアップロード(提出)する。電子投稿システム内のPDF変換機能でMicrosoft WordファイルをPDFファイルに変換することができる。査読の際に著者情報を伏せる必要上,著者名,所属機関名,連絡先,「表題ページ」の脚注などを投稿原稿内に記載してはならない。PDFファイルのプロパティなどにも著者情報が残らないよう注意する。
  4. (4)投稿原稿の内容は,表題,英文アブストラクトとキーワード(「心理学研究」の場合は日本語訳も),本文,引用文献,「本文中」の脚注,図表,付録の順とする。参考資料などは別ファイルにして,参考資料欄にアップロード(提出)する。
  5. (5)「心理学研究」は,J-STAGEの電子付録機能を利用できる。詳細は学会ホームページを参照されたい。
見本2.3 「心理学研究」本文原稿見本
見本2.3 「心理学研究」本文原稿見本
見本2.4 “Japanese Psychological Research”本文原稿見本
見本2.4 “Japanese Psychological Research”本文原稿見本

2.6 投稿者のためのチェックリスト

「執筆・投稿の手びき」の巻末に掲載した「投稿のためのチェックリスト」を参照の上,誤りのないことを確認して投稿すること(付録3付録4

2.7 投稿論文の受稿

投稿論文は,まず事務局編集部において,この「執筆・投稿の手びき」に準拠しているか否かをチェックし,不備のない場合は受稿を著者に連絡する。形式を逸脱したものは受稿せず,それらの点について修正を求めるので,かならず形式を確認した上で投稿すること。

2.8 査読

2.8.1 査読の手続き

(1)担当編集委員の決定と査読者の選定
編集委員の中から受稿論文の担当編集委員1名を決定する。担当編集委員は査読者2名を選定する。査読者は会員・非会員を問わない。
(2)査読者による査読
受稿論文は査読者2名に,著者情報を伏せて依頼され,査読される。査読者名は著者には公表されない。ただし,"Japanese Psychological Research" については,査読者が査読者名の公開・非公開を選択でき,担当編集委員名は著者に開示される。
(3)担当編集委員による判定
査読者による評価に基づき,担当編集委員の判定が行われる。
  1. i)「このままで採択」
  2. ii)「多少修正の必要あり」の場合には,修正・加筆が求められる。
  3. iii)「大幅に修正・加筆後,再査読」の場合には,改稿が求められる。
  4. iv)「照会後,再査読」の場合には,照会,問題点に対する回答が求められる。
  5. v)「不採択」
  6. vi)2名の査読者の評価が「不採択」とそれ以外に分かれた場合,第3の査読者が追加される。

2.8.2 査読の期間

受稿あるいは改稿受付から査読終了までに要する期間は,論文により多少の差はあるが,査読者,担当編集委員にはそれぞれ1回の査読を1ヵ月で終了するように依頼している。しかし,第3の査読者を追加するなど慎重を期することから時間がかかる場合がある。

2.8.3 論文の改稿

受稿論文は,担当編集委員,査読者のコメントを付けて,期限つきで改稿を求められることが一般的である。その際の注意事項を以下にあげる。(見本2.5見本2.6

  1. (1)査読者のコメントをできる限り尊重して改稿する。
  2. (2)「著者からの回答」には,査読者のすべてのコメントに対して,原稿のどこをどのように改稿したか(あるいは改稿しなかったか)を明確に記述すること。修正対照表はなくてもかまわないが,要求がある場合には,その限りではない。
  3. (3)査読者のコメントが著者の立場と違っていると考えられる場合には,指摘された問題点に対して十分説得し得る資料・論拠を,「著者からの回答」か,本文中に追加する。
  4. (4)改稿原稿,「著者からの回答」を整えたら,当該論文の改稿として,投稿時に準じて,電子投稿システムにアップロード(提出)する。論文情報欄(表題,英文アブストラクト,脚注他)も忘れずに修正する。
  5. (5)改稿の形式に不備がある場合,事務局編集部から,それらの点についての修正を求めることがある。
  6. (6)著しく改稿が遅れた(半年以上)ときには,取下げ扱いとすることもある。
見本2.5 「心理学研究」論文修正上の注意点
見本2.5 「心理学研究」論文修正上の注意点
見本2.6 “Japanese Psychological Research”論文修正上の注意点
見本2.6 “Japanese Psychological Research”論文修正上の注意点

2.8.4 改稿論文の査読

著者によって修正・加筆され再提出された改稿論文は,担当編集委員が確認し,再度の査読が開始される。論文によっては数次にわたり査読され,修正が求められる場合もある。

2.8.5 採択,不採択の決定

採択,不採択は,すべての査読者からの最終評価が得られた後,担当編集委員が採択,不採択を判定し,編集委員会で審議し最終的に決定する。

2.9 採択

2.9.1 通知

編集委員会で採択が決定した論文は,著者にその旨が通知される。編集委員会で採択が決定した日を論文の受理日とし,その後の論文の訂正・加筆は原則としてできない。

採択論文の掲載は原則として受理日,受稿日,論文種類によって決定するが,編集上の都合で多少前後することもある。

2.9.2 最終稿提出

事務局編集部からの連絡に従い,著者は速やかに最終稿の電子データを提出する。図表のファイル形式に注意し,なるべく高解像度のファイルにすること(たとえば,Microsoft Excel,TIFF,JPG,PNG,BMP)。

2.9.3 論文の著作権

掲載論文の著作権は,公益社団法人日本心理学会に帰属し,両学術誌に掲載された論文を許可なくして複製および転載することは,禁じられている。なお,著者はこれに関する同意書の提出を求められるが,著作者人格権についてはその限りではない。

2.9.4 校正,刊行

最終稿を出版社に入稿後,初校が著者の元に送られるまで,約2ヵ月かかる。著者校正は初校のみ行う。初校は,誤字・脱字の訂正に限り,最終稿以外の訂正・加筆は認められない。著者校正は,必ず読み合わせを行い,できる限り速やかに最終稿と共に指定の場所に送付する。

再校校正は出版社が行い,印刷,刊行に進む(見本2.7見本2.8)。刊行までに時間がかかる場合には,オンラインで早期公開(Early View)を行っている。

見本2.7 「心理学研究」掲載見本
見本2.7 「心理学研究」掲載見本
見本2.8 “Japanese Psychological Research”掲載見本
見本2.8 “Japanese Psychological Research”掲載見本

2.9.5 必要経費

会員が投稿した場合には,掲載料を必要としない。ただし,超過やカラーページなど特別の費用を要したときは,実費を支払わねばならない。

「心理学研究」では,英文校閲その他の諸費用が編集手数料として,各論文一律10, 000円請求される。第1著者が非会員の場合は,掲載時1ページあたり20, 000円の非会員掲載料を要する。

Japanese Psychological Research”の場合,編集手数料,非会員掲載料は必要としない。両誌共に,著者に対して抜刷20部を贈呈する。それ以上の抜刷は著者の負担とする(抜刷代は,1部300円である。初校著者校正返送時に抜刷の発注部数を申し込む)。

これらの経費は,掲載誌刊行後に請求される(金額はいずれも2018年現在)。

2.10 不採択

編集委員会で不採択が決定した論文は,著者に査読コメントと共にその旨が通知される。

2.11 取下げ

著者は,どの段階でも投稿論文を取下げることができる。その旨事務局編集部へ申し出る。

2.12 再投稿

取下げ,不採択後に論文を改めて投稿する場合は,再投稿となる。査読は新規投稿と同様に行うが,「編集委員会への連絡」欄に前稿の論文番号を記載し,「参考資料」欄に「著者からの回答」をアップロード(提出)する。

問い合わせ先

不明な点については,公益社団法人日本心理学会事務局編集部(Tel:03-3814-3953,E-mail:jpaednew@psych.or.jp)に問い合わせる。